アメリカンエキスプレスゴールドカード

American Express ゴールドカードの詳細情報と口コミ

審査基準:若手〜中堅サラリーマンでも持ちやすいカード


こちらのアメックスのゴールドカードの審査基準は25歳以上で定職に就いている方、となっています。他のカード同様、こちらのカードでも年収などの詳しい審査基準は明らかにされてはいませんが、アメックスのカスタマーサービスに問い合わせてみたところ、400万円以上の年収があれば通る可能性が高いというお話でした。

年会費26000円。年収400万以上あれば審査通過の可能性大

年会費、利用額などの情報


年会費が26,000円で家族カードが12,000円です。グリーンカードと比較すると割高な印象ですがそれを補ってあまりあるサービスの幅広さです。グリーンカードと同様に、アメックスの自社発行カードには一律の限度額が存在しません。

人によって利用のペースや年収などの収入によって上限額が変動するのがアメックスカードの特徴です。そのため、使えば使うほど上限が増えていくので、長い目でカードを使っていきたい方におすすめです。

また、利用限度額を超える買い物をしたい際には、デスクに事前に電話をしておくと柔軟に対応してもらえるケースが多いようなので、設定される限度額は実際にはもっと緩いものになります。

特徴的な特典:充実の保険と充実の旅行サービス


1.しっかり補償の旅行付帯保険


アメックスのゴールドでは、カード決済の旅行に関して国内旅行で最高5000万円、海外旅行で最高1億円という補償が付きます。また、海外旅行に関してはアメックスのカードで決済していない旅行でも最高で5000万円の補償がされるというのですから、安心ですね。また、家族も最高1000万円の補償がされるので、家庭をお持ちの方にとくにおすすめの特典となっています。

2.各種プロテクション


  • ショッピングプロテクション
  • オンラインプロテクション
  • リターンプロテクション

これらはカードで買ったものの盗難や破損、オンラインでの不正利用、返金返品の補償をしてくれるサービスです。
  • キャンセルプロテクション(ゴールドからの特典)
こちらは、出張、急なケガや病気などで、予定していた旅行やイベントをキャンセルする場合にそのキャンセル料をアメックスが負担してくれるというものです。

忙しいビジネスマンの方や、家族がいる方は急なスケジュール変更を余儀なくされることが多々あると思います。そういった方には特におすすめの保険です。しかもこちらはアメックスのグリーンカードには付いていない特典ですので、参考にしてみてください。

3.旅行サポート


無料の空港ラウンジ利用、自宅から空港まで手荷物無料宅配サービス、空港での無料クロークサービス、海外旅行先での24時間日本語対応電話サービスなどゴールドカードでも充実の旅行関連サービスを展開しているのも特徴的な特典です。

特に海外での24時間日本語対応電話サービスは、レストランや航空券の予約から、緊急時にも医療機関の紹介をしてくれるなど幅広い相談に対応した「オーバーシーズアシスト」というサービスを展開しています。

4.趣味の時間をもっと有意義に


ゴールドワインクラブ
レアなワインや高級ワインの紹介や、予算に合ったワインの相談など、ワイン関連のサービスを提供、特別価格での販売をしています。

ゴルフ・デスク
国内や海外でのゴルフ場でスタートを予約できるサービス。

チケットアクセス
アメックス会員向けに一般発売に先駆けてチケットを購入できるサービス。

以上のような特典で、より充実した趣味の時間を過ごすことが出来るのもアメリカンエキスプレスゴールドカードの特徴です。仕事は忙しくてもプライベートは思いっきり楽しみたいという方にはおすすめのカードです。

口コミ:サービスに満足するも上限額に不満も

「限度額に不満はありますが、空港では活躍してくれます。
ラウンジの同伴無料は他のカードでは殆ど無いです。また、
荷物を無料で送って貰えるのも助かりますね。」(参照:クレファン)
サービスの良さに満足しているコメントが多く見受けられました。特に旅行関連のサービスではアメックスが一番いいといっても過言ではありません。

しかし一方で最初の上限額の低さに不満を持っている方も。上限額に関してはカード会社からの信頼ですので定期的な利用と、利用額の大きさが関係してきます。上限額に関しては下記の口コミを参照にしてみてください。

「AMEXは入会審査は緩く、限度額に厳しいようです。プラチナカードですら限度額は50万円以下という方もいらっしゃるくらいなので。
3ヶ月前に入会した私の限度額は20万円でした。年会費27300円のゴールドカードとはとても思えない枠です。
もちろん一時的な増枠は可能で、私の場合は+50万円まで可能したが、それ以上となると通帳のコピー提示や事前入金を求められます。これらを行うと、AMEXでは支払い能力があると見なされ、プラス評価になり限度額を見直すからだそうです。
さすがに通帳コピーの開示は気が引けますが、事前入金であれば振込み手数料もAMEXで負担してくれるので、よいと思い、それを駆使して3ヶ月間で200万円程使いました。

結果、限度額を確認してみたところ、30万円に上がっていたのです。増額幅は少ないですが(+10万円)、たった3ヶ月間で限度額が上がることに驚きました。
この調子で早くカードを育てることができるのかもしれません。」(参照:クレファン)
こちらには限度額に関するおもしろい口コミがありました。事前にデスクに連絡し、通帳や事前入金する手間が必要なのはしょうがないですが、こうすることで限度額を上げることができるようです。

カード会社からの信頼が大切なクレジットカードですからこういった積み重ねで限度額が上げられるのはいいですね。

よく比較されるカード:高ステータスなカードが多い


ダイナースクラブカード、JCBゴールドカード、三井住友VISAゴールドカード、シティゴールドカードなどがよく比較対象として挙がってくるカードです。アメックスのゴールドも高ステータスなカードとして有名ですので、比較されるカードもステータスの高いカードが多いですね。

これらはステータスは似通っていてもサービスにはそれぞれ特徴と個性があるので、自分に合ったカードを選ぶことが大切です。