セゾンゴールドアメリカンエキスプレスカード

セゾンゴールド・American・Expressカードの詳細情報と口コミ こちらはセゾンブルーアメリカンエキスプレスカードより1つ上位のカードです。保険の手厚さや、さらに充実したサービスが特徴のカードになっています。

年会費10000円。ゴールドの中では審査が低い

審査基準:手軽に持てるゴールドカード


こちらもセゾンのブルーとパールと同様に18歳以上、電話連絡が可能な方という条件になっています。また、ネットの口コミを見ているとアメックスのプロパーゴールドカードと比べるとかなり緩めの審査基準となっているようです。

よく比較されているのがヤングゴールドカードということもあり、この辺と似たような審査基準となっていそうです。

他カードの支払いの滞納や遅延をしていない、カードをやたら登録して解約していたりしない、安定した固定収入があるといった、基本的な条件を満たしていれば通る見込みは高そうです。

年会費、利用額などの情報


年会費が10,000円、家族カードが1,000円と、高めの年会費設定になっています。しかしその分優待や特典も豊富なカードです。また、クレジット利用枠も300万円までとなっており、かなり使いやすいカードとなっています。

位置づけとしては一般ゴールドカードより少し下のカードのヤングゴールドカードに近いので、とりあえずゴールドカードを試してみたい方に特におすすめです。

特徴的な特典:セゾンブルーの特典に比べて手厚い保険、充実した優待


(セゾンブルーアメリカンエキスプレスと共通の特典)
  • セゾンの永久不滅ポイント
  • 西友・リヴィン割引
  • アメリカンエキスプレスセレクト
  • エクスペディアでの料金優待
  • 海外携帯電話無料レンタル
  • アメリカンエキスプレストラベルサービスオフィス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • ショッピング安心保険
  • 国内・海外旅行傷害保険


(セゾンゴールドアメリカンエキスプレスからの特典)
・国内・海外旅行傷害保険の充実
こちらは国内、海外での旅行時のトラブルに際して、最大5000万円の補償がされるというものです。セゾンブルーでは最大3000万円の補償ですので2000万円多いというのはより安全ですね。

・ショッピング安心保険の充実
こちらはセゾンブルーより100万円も補償額の多い、最大200万円補償の保険です。カードで購入した商品に関して、破損や盗難があった場合にこの保険が適用されます。

・空港ラウンジの無料利用&優待
こちらは国内の主要な空港とハワイ、ホノルル空港のラウンジが無料で利用でき、さらに300以上の都市、100以上の国や地域で600ヵ所以上の空港ラウンジを優待年会費で利用できるというサービスです。

国内旅行や、ハワイによく行かれる方には無料で利用できるので特におすすめ。また、海外によく行かれる方にもおすすめの世界100ヶ国以上の空港で利用できる優待もうれしいですね。

・リージャスビジネスラウンジサービス無料利用
こちらはメンバー登録が、通常年間52,800円/税抜のところを、1年間無料でビジネスラウンジを利用できるというものです。IT環境の整ったビジネスラウンジを世界85カ国、500都市、1,100拠点で利用できます。

国内にも主要都市27ヵ所ラウンジがあり、インターネットやドリンクはもちろん無料で秘書サービスなど事務サポートも完備しており、出張の多いビジネスマンやノマドワーカーにおすすめのサービスです。

・利用枠一時増額
こちらは海外旅行の際に利用上限額を一時的に増額できるというものです。審査の内容にもよりますが、なにかと出費の多い海外旅行ですから、こういった増額は嬉しいですね。

・コナミスポーツクラブ優待
コナミスポーツクラブにて、特別料金にて利用することができます。金額は申し込むコースによっても異なりますが、定期的にジムに通う方には、年会費分をこの優待だけで回収できるのでおすすめです。

・パルコで優待
この優待は毎月5日にパルコで買い物をした際に5%オフで商品を購入できるものです。女性に特に嬉しいパルコでの優待になっています。

口コミ:使い方によってはとてつもない効果

「使い始めて半年。メインカードにはなっていないのですが、恩恵をしっかり受けることが出来ました。
先日、羽田空港からの国際線を利用する日に天気が大荒れで24時間の遅延が発生した際に、このカードに自動付帯の海外航空便遅延保険の適用を受けることが出来ました。
自動付帯で上限30,000円という金額は余裕があって安心です。
また、家族も同額の適用があるため、私の場合は夫婦で合計60,000円まで大丈夫だったらしいです。(そんなに使っていませんが…)
デスクへ連絡→必要な書類を送ってもらう→記入と支払いの明細を返送→振込
という流れなのですが、帰国して2日後に連絡し、翌々日には書類が届き、その翌日に返送したところ、約10日で保険金の振込みを確認出来ました。
対応も大変スピーディで素晴らしいと思います。
やり取りの窓口はセゾン自動車火災保険となるのですが、申請の流れや記入方法などはデスクの方が大変丁寧に説明して下さり、非常に好印象でした。」(参照:クレファン)
プライベートはよく旅行をするという方には、ちょっとしたことにも保険が適用されるのは嬉しいですね。よく出張に出かけるビジネスマンにもおすすめです。

「他のレビューにもあったとおり
■コナミスポーツを利用する。
(近所にあるので6月から乗り換えます)
■近くに西友がある。
■海外には頻繁に行かない。(年1〜2回)
■国内空港ラウンジは欲しい。
■旅行保険も欲しい。
■JALマイラー。
■月1〜2回コストコに行く。
という私たち夫婦にはものすごくコストパフォーマンスの良いカードです。

最初はコストコ用にアメックスをいろいろ検討していたのですが、上記のようなレビューを見て即旦那にぽちってもらいました。
(さすがにゴールドだと私の属性では不安だったので)

年会費+家族カード会費+マイルプラスで15750円ですが、夫婦二人分のコナミスポーツ割引(2100円×2人分×12ヶ月)ですでに年会費よりお徳。
今のジムとの差額でも二人で約14000円安くなるんで、ほぼ年会費をペイしてる感じです。
他にも西友の5%OFFとか主婦にはうれしいベネフィットですね。
あまりにもお得すぎて、あんまりステータス性は感じられないかもしれません。」(参照:クレファン)
ライフスタイルにハマればとてつもなく効果を発揮するこのカード。口コミの夫婦の方にはばっちりのカードだったようです。
あまりにお得すぎて、ステータスを感じていないというなんとも贅沢な悩みを書かれています。

ジムや買い物、旅行保険など利用シーンが多く、家族カードも安いので夫婦で合わせて利用するのもいいかもしれません。

よく比較されるカード


三井住友VISAプライムゴールドカード、シティエリートカード、NTTグループカードゴールド、MUFGカードゴールドと比べられることの多いカードです。これらはいわゆるヤングゴールドカードと呼ばれ、ゴールドカードより持ちやすいカードとして持たれる方が多いですね。

ゴールドカードを持つまでの助走段階のカードとしておすすめなカードばかりですので、これらのカードも合わせてチェックしてみるといいでしょう。