セゾンカードインターナショナル

セゾンカード インターナショナルの詳細情報と口コミ こちらはカード会社にアメックスも選ぶことができますが、VISAやマスター、JCBからも選ぶことができます。ですがここでアメックスを選んだ場合、2年目から年会費が発生するので注意が必要です。

初年度年会費無料。セゾンの永久不滅ポイントが使える

審査基準:初めての1枚やサブカードとして


審査基準はクレディセゾンではおなじみの「18歳以上で電話連絡が可能な方」。アメックスのカードをすぐ手軽に持ちたい、という方にはおすすめです。

こちらのカードは最短で即日に使用が可能なので、すぐにカードが欲しい、という方にもおすすめ。

年会費、利用額などの情報


年会費は永久無料ですが、カード会社にアメックスを選んだ場合のみ、初年度無料で2年目から年会費が1000円になります。しかし、年間に1回以上利用することで年会費が無料になるので、適度に使っていれば年会費は実質無料です。

アメックスで年会費無料のセゾンカードはセゾンカードインターナショナルかセゾンパールアメリカンエキスプレスカードですので、年会費無料でアメックスを持ちたいという方は参考にしてみてください。また、ショッピングの利用枠は最大300万円となっています。

特徴的な特典:日常で使いやすい優待・特典


・永久不滅ポイント
ポイントに使用期限がないので、ゆっくり少しずつ貯めることのできるセゾンの永久不滅ポイントサービスが使えます。利用額があまり多くない方にも使いやすいクレジットカードとしておすすめ。

・西友・リヴィン割引
毎月5日と20日に全国の西友とリヴィンで5%割引で買い物ができるというサービス。食料品から服までほとんどの商品が対象となるのがありがたいポイントです。

・セゾンオンラインプロテクション
インターネット上での不正使用があった際も、その損害をセゾンが補償してくれるというサービス。個人情報流出が昨今問題となっていますが、そういった場合でも安心です。オンラインでの利用が多い方にはおすすめの特典になっています。

・ポイント移行
貯めた永久不滅ポイントはdocomoやauのポイントプログラムに移行することも可能です。もちろん永久不滅ポイントのプログラムも嬉しい特典や交換商品ばかりですが、もし移行したいという方にはありがたいサービス。

ポイントの利用目的に応じてポイントを移行できるのは便利ですね。

・チケット優待
チケットサービスのeプラスにて会員限定に先行予約や優待割引サービスを展開しているのもこのカードの特徴の一つ。人気チケットも取りやすくなるのはライブやコンサート、演劇好きにはおすすめです。

口コミ:毎日の利用でお得感


「初めて作ったカードのAmazonクレジットカードがサービス終了した際に年会費無料のカードを求めVISAブランドで作りました。
他に提携カードを作った後も、そのカードがサービス終了した場合に備え、公共料金の引き落としやVISAで決済が必要な場面で利用しながら継続利用しています。

普段のポイント還元率は下がりましたが、永久不滅.comにAmazonがあり約1%還元になる点とNetアンサーで永久不滅ポイントをAmazonギフト券に即時交換できる様になった点はAmazonクレジットカードから移行してきた自分には有り難い点です。また従来からの所定日に西友で5%割引に加え、セゾンカード利用でnanacoポイントが貯まるところも良いです。

nanacoの用意と登録が必要ですがイトーヨーカドーで利用時、合計で約1.5%のポイント還元(日付に8が付く日はnanacoで支払すれば5%割引)があります。2つの系列の違うスーパーで特典があるのは良いサービスだと思います。」(参照:クレファン)
年会費無料な分、年会費がかかるカードにはサービス面で劣る場面もありますが、コストパフォーマンスが高いのがこのカード。

ポイントサイト「永久不滅.com」を経由するとポイントが貯まりやすくなるのもこのカードの特徴です。スーパー系で強いカードですので普段使いのカードとしておすすめの一枚。

「西友での割引に使うなら良いですが、クレジットカードとして使うには、保険やサポートが弱いですね。
色々な所で使うのでしたら、AMEX(有料)かゴールドをお勧めします。」(参照:クレファン)
中には保険やサポートの弱さに使いづらさを感じている人も。ですが、年会費無料のカードの中では高いコストパフォーマンスを誇るカードです。

買い物利用で使いたい方や、クレジットヒストリーを積みたい方、サブカードでもう1枚カードを持ちたいという方にはおすすめのカードになっています。

よく比較されるカード


よく比較されるカードとしては、セブンカード、EPOSカード、イオンカード、DC Jizile カードなどが挙げられます。この辺のカードはどれも年会費無料で利用できますので、それぞれのライフスタイルに合わせて自分に合ったものを選ぶといいでしょう。